岐生研基調提案

私たち岐生研では、毎年基調提案をつくり実践の指針としてきました。

それは岐阜の状況と私たちの実践の状況を示しています。ご検討下さい。

      1995年度 基調提案 「いじめを越える異質・共同の関係性をつくりだそう]

      1996年度 基調提案 「学校と地域を学びと共生の場にしよう」

      1997年度 基調提案 「混迷している学校・地域を切り開く実践を創造しよう」

      1998年度 基調提案 「学びの共同体としての学校を創り出そう」

      1999年度 基調提案 「学校を交響的・公共空間として創造しよう」

      2000年度 基調提案 「子ども・親とのすれ違いをどうするのか」 〜21世紀へ向けての学校づくりの展望〜

      2001年度 基調提案 「平和的に生きる」   〜交響的自治集団の形成へ〜

      2002年度 基調提案 「現状を切り開く実践と研究を求めて」 〜「総合学習」「親や子どもの関係性の再生」の実践〜

      2003年度 基調提案 「対話の広場づくりから集団づくりへ」

      2004年度 基調提案 「対話・応答しあう子ども集団づくり」

      2005年度 基調提案 「教師が楽しくなくては、子どもも楽しい学校にならない!」

      2006年度 基調提案 「ここで共により良い生活をしようという願い」を育てよう!

      2007年度 基調提案 「教師が学級・学年集団のヘゲモニー(主導権)をとるまでの指導を明らかにしよう!」

      2008年度 基調提案 『子どもの「願い」「要求」に根ざした実践を進めよう!』

      2009年度 基調提案 『対話・討論・討議を大事にしながら「現実」からの「学び」を追求しよう』

      2010年度 基調提案 『「貧困」をみすえた学級・学校づくりの理論・方法をつくりあげよう』

      2011年度 基調提案 『教師と子ども・子どもと子どものつながりをつくろう 』

      2012年度 基調提案 『「弱い教師であること」から出発する集団づくり』PDF

      2013年度 基調提案 『悩む教師でありつづけるために』PDF

      2014年度 基調提案 『私たちの立っているところ』PDF

      2015年度 基調提案 『共同を通して、苦しさから幸せな世界へ』PDF

      2016年度 基調提案 『生活指導(集団づくり)の願い』PDF

      2018年度 レポート分析から 『さとし君の居場所と僕』PDF

      2019年度 レポート分析から 『地区セミナー井藤実践の分析に参加して』PDF

【もどる】